化学物質の功罪

satyuzai
現在、私たちの生活には化学物質が必要不可欠となっています。その用途は多岐にわたり、プラスチックや洗剤、殺虫剤、医薬品、農薬など。さまざまな分野で幅広く使用されているほか、一般家庭にもなくてはならないものです。

世界には数千万種類の化学物質があり、現在も新たな物質がつぎつぎと生まれています。これらの化学物質が製造や流通、廃棄の家庭などで適切な管理がなされないと、環境汚染などの問題を引き起こすことがあります。また、事故などの重大なトラブルによって人間の体に悪影響を及ぼしたり、生態系を乱すことも考えられます。

化学物質は人類の文化発展に大きく寄与し、生活を便利にしました。また、医薬品などは伝染病から人間を救う役割を果たしています。しかし、公害や薬害などのトラブルを引き起こしているのもまた事実なのです。

例えば、DDT(殺虫剤)も開発当初は画期的な化学物質と賞賛されていましたが、後になって毒性があることがわかり、今ではまったく使われていません。

化学物質はすぐに生命に影響するものだけでなく、ちょっとずつ蓄積していって病気を引き起こしたり、生殖能力を減少させるものもあり、被害がわかるまでに時間がかかるケースがあります。便利さだけを追求するのではなく、リスクを予想した運用が必要なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>