バイアグラの特許切れ

バイアグラが発売から15年を迎え、特許切れを迎えました。それに伴って、大量のジェネリック医薬品が登場しています。日本でもあすか製薬などが発売していますが、海外はその比ではなく、世界医薬品シェア2位のノバルティスがジェネリックを発売しています。バイアグラは世界1位のファイザーの医薬品ですから、世界2位のノバルティスが医薬品を発売するというのはかなり面白い現象です。名前はシルデナフィルで効果はバイアグラと同じです。

一般市民の感覚からすれば、世界2位が1位の会社の商品を発売するというのはプライドが許すのだろうか?というイメージが湧いてしまいますが、医薬品業界はそんなことはお構いなしなのかもしれません。実際、ファイザーもイーライリリーのシアリスジェネリックを発売していますから、特許が切れてしまえばなんでもありなんでしょう。

バイアグラは1錠2000円くらいするので、ジェネリックがいろいろと登場するのはユーザーにとっては選択肢が増えるだけなので喜ばしいことです。今後はレビトラやシアリスのジェネリックもいろいろ登場するはずなので、ED治療をしている人にとっては選択肢が広がっていいことづくめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>