出産後はなぜ抜け毛が増える?原因と対策方法

sangodatumouimage
出産後、しばらくして(2~3か月後)、お風呂場の排水溝を見ると、物凄い量の抜け毛が絡まっていた…そんな女性の話をよく耳にします。これはシャワーの回数が多いからとか、シャンプーが合わないからといった理由ではありません。これは「産後脱毛症」と言われるれっきとした症状であり、出産したあとの女性のかなりの部分に見られる脱毛現象です。

産後脱毛症は原因がはっきりしています。出産前後で女性ホルモンの分泌量は大きく変わるのですが、特に出産直後に女性ホルモンは物凄い勢いで分泌量が落ちます。女性ホルモンの中の「エストロゲン」と呼ばれる物質は髪の毛のツヤなどを出したり、毛髪そのものを生成するのに役立つホルモンなのですが、そのエストロゲンが大幅に分泌量低下を起こすため、髪の毛が一気に抜け落ちてしまうのです。

抜け落ちると言ってもすぐではなく、いったん髪の毛の毛周期が休止期に入っていくことになります。休止期は3か月ほどあるので、そのせいで出産してから3か月ほどで大量脱毛が起こるというシステムになっているのです。

女性ホルモン分泌量減少は出産直後がピークで、そこから徐々に回復していくので、髪の毛の毛周期もまただんだん元に戻ります。とはいえ、髪の毛が伸びるのには時間がかかりますので、産後脱毛症が全快するのには早くて半年、長引くと1年以上という状況になります。また、高齢出産の場合は女性ホルモン分泌量がそもそも低下気味なので、産後のホルモン低下によって産後脱毛症が重症化することもあります。もともと薄毛になりやすい体質だった人の場合は、そのまま回復せずにボリュームダウン、といったこともありえます。
産後の抜け毛の原因と対策方法
また、二人目以降を出産する場合、まだ女性ホルモン分泌量が回復しきっていないうちに次の出産となっている可能性もあり、その際は産後脱毛症はかなり回復しにくくなります。産後の抜け毛の症状の重さは人それぞれですが、中でも高齢出産、2人目以降の出産の場合は重症化しやすくなり、どちらも重なっているとずっと治らない可能性も高いのです。

なので、今は産後の抜け毛が問題視されており、専用の女性用育毛剤なども登場しています。しっかりと効果のあるものであれば、産後の抜け毛の対策にもつながるので、早めの予防として育毛剤を使用するというのは良い手でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする